美容と健康

ハンドマッサージとツボ押しでリフレッシュ!血行の健康もよくなる!

更新日:

子供の頃は、きれいにネイルを塗っている女性にあこがれを抱いたものです。

将来はいつもきれいにマニキュアを塗っていたいものだと。

しかし、現実は常にきれいにしてはいられないことが多いのです。

 

濃い色のマニキュアであれば、少しでもはげ落ちた時はとても汚く見えるものです。

何年か前から、ネイルアートが流行し、特に若い女性はサロンに通うほどです。

 

手元をきれいにすることはいいのですが、あれだけデコレーションした爪では、家事などはやらないのだろうと思ってしまいます。

サロンに通ってお手入れしたい気持ちはあります。

しかし現実的には、時間も料金的な問題もあり無理なのです。

 

爪の補強のためのマニキュアはささくれ防止にもなるので、無色のものを使っています。

オシャレなカラー、濃い色を付けてみたい時は、落とすタイミングに気を付けたいと心しています。

そして、指先の手入れをする際に、ハンドマッサージも同時に行います。

 

ハンドマッサージは手の血行をよくします。冬は手荒れ防止のためハンドクリームをよく塗りマッサージをします。

しかし、冬場以外は、何となく気になった時にマッサージすることが多かった気がします。

 

それが、数年前にハンドマッサージの講習を受ける機会があり受講しました。その際に教えて頂いた方法は、本当に丁寧なお手入れ方法でした。

 

毎日続けることはちょっと、と思いますが、残念なことにちょうどその頃から両手の人さし指に痛みを感じるようになりました。

リュウマチを疑い整形外科を受診すると、「ヘバーデン結節」であることが判明。

原因は不明ですが、40代以降の女性に多く発症する、関節痛です。

第一関節の痛みですが、指をあまり使わないようにと、テーピングをすすめられました。

 

しかし指先はどうしても使わないわけにもいかず、マッサージも我流で行いました。

その後、ハンドマッサージの講習を受け、指先1本1本を丁寧にマッサージすることと同時に、この動作が痛みの軽減につながりました。

 

最近ヘバーデン結節の原因の一つに女性ホルモンも関係しているような記事を目にしましたが、情報は定かではありません。

 

いずれにしても、指のマッサージを行った後に、爪のお手入れをするとネイルのノリも良いと感じます。

 

夏の日差しで手にもシミが出やすくなります。日よけの手袋も大切です。

冬とは違った意味で、お手入れの大切さを知るようになりました。

 

乾燥は四季を通してあるものです。ハンドマッサージを通して防ぐことが可能です。

そしてその際に、潤った手の何カ所かのツボを押してあげると、心地よい睡眠、肩の痛み、目の疲れ、便秘解消にまで役立つのです。

 

ツボ押しのひとつ、ひとつの説明は難しいものですが、親指と人さし指の間の水かきから3センチくらいの場所 合谷(ごうこく)というツボだけでも押してみてください。

スッキリしてくると思います。

ツボ押しは、食後すぐには行わないことも覚えておいてください。

ツボ押しは血圧などの調整にも効果があると言われています。
他にもサプリなどには血圧を下げる効果があります。
シミをなくす上でも血行の健康は維持しておきたいですよね。
血圧を下げるサプリの効果を解説したサイトがあるのでぜひ見てみてくださいね。

-美容と健康

Copyright© 美容と健康のブログ , 2018 AllRights Reserved.