四葉のクローバー花言葉の意味に隠された本当は怖いジンクス

四葉のクローバー花言葉の意味に隠された本当は怖いジンクス

 

四葉のクローバーの花言葉の意味に隠された、本当は怖いジンクスをご存知ですか?

 

四葉のクローバーといえば、見つけるのが難しくて、見つけることができると幸福が訪れると言われています。

 

あなたも一度くらいは四葉のクローバーを探した経験ありませんか? 私も小さい頃に、近くの公園で四葉のクローバーを必死で探したものです。 見つかったことは一度もありませんが(笑)

 

四葉のクローバーぐらいで幸せになれるとは思いませんが、やっぱりジンクスにはあやかりたい!

 

でも、実は四葉のクローバーには「復讐」という意味も込められているんですよ!

 

四葉のクローバには復讐という意味がある

 

この幸福の象徴である四葉のクローバーに、なぜ「復讐」という花言葉がついたのでしょうか?

 

そこで今回は、四葉のクローバーの花言葉の意味と「復讐」という花言葉に隠されたエピソードを全力で調べてきました!

 

もちろん、四葉のクローバーが幸福の象徴になった由来や見つけ方などもご紹介していきます。

 

四葉のクローバーの花言葉が「復讐」という意味になった3つの由来とは!?

四葉のクローバーの花言葉が「復讐」という意味になった3つの由来とは!?

 

四葉のクローバーに「復讐」という花言葉がついたのには、諸説あります。ここでは代表的な3つの由来をご紹介しておきますね。

 

1.キリスト教の布教活動に由来

キリスト教の布教活動に由来

 

あなたはセント・パトリックという人物をご存知でしょうか?5世紀頃、アイルランドへキリスト教を伝えた宣教者です。

 

アイルランドでは、セント・パトリックの命日である3月17日が「セント・パトリックス・デー」という祝祭日になっています。

 

日本では、まだあまり馴染みがないようですが、世界300カ所でイベントなども開催されるほどの世界的なアイリッシュイベントなんです。

 

日本でもやっと最近パレードなどのイベントが増え始めてきたようですね。

 

このセント・パトリックという人物が、アイルランドでキリスト教の布教活動を行っているときに、元々アイルランドで親しまれていたクローバーの三つ葉を「三位一体」四葉を「キリストの十字架」と表現し、キリスト教を広めていったとされています。

 

三つ葉の三位一体とは、「父なる神・神の子キリスト・精霊」が一体となる教えです。

 

十字架は、神の愛の象徴として覚えられています。罪のないイエスキリストが、人々の身代わりに十字架にかかってくださったわけですから。

 

十字架

 

ですが、「十字架」 は本来、最も重い罪を犯した者が、十字架へ磔(はりつけ)にされる処刑道具です。

 

多くの人々の前で無残な姿で磔(はりつけ)にされて、晒される公開処刑。考えただけでも恐ろしい・・・なんてむごい(>_<)

 

もともとは処刑道具である十字架ですから、「復讐」というネガティブな感情があってもおかしくないですよね。

 

こうして四葉のクローバーの意味が「四葉→十字架→処刑→復讐」という説に繋がっていったのではないかとされています。

 

2.アイヌ伝説の悲恋物語に由来

アイヌ伝説の悲恋物語

 

北海道の先住民族のアイヌに伝えられている悲恋物語に、四葉の葉をもつクローバーである、シロツメクサの花が登場する物語があります。

 

川のほとりにある部落の長には、美しい娘がいました。その美しい娘の名はイルチヤロ。

 

イルチヤロが住む部落の近くには沼があります。その沼にはカムイという沼の主が住んでいました。

 

ある日、美しい娘のイルチヤロが、沼の主カムイの住む沼の近くを通りかかりました。

 

その姿を見た沼の主カムイは、美しいイルチヤロに一目ぼれしてしまいました。

 

カムイとイルチヤロは恋に落ちる

 

そしていつしか二人は恋に落ちるのですが、美しい娘イルチヤロにはチタライという、いいなずけがいたのです。

 

いいなずけのチタライは、沼の主であるカムイを毒矢で暗殺してしまいます。

 

すると、沼に大渦が発生し、沼がいいなずけのチタライと部落の長を飲み込んでしまいました。

 

そして、美しい娘イルチヤロも、その沼に身を投げてしまいました。

 

その後、豊漁だった川では魚がとれなくなり、沼のほとりにはシロツメクサが咲くようになりました。

 

このアイヌ伝説の悲恋物語には、四葉の葉を持つクローバーであるシロツメクサの花言葉が隠されていると考えられます。四葉のクローバーの花言葉は・・・

 

  • 私のものになって
  • 私を思って
  • 幸運
  • 約束
  • 復讐

 

この花言葉をアイヌ伝説に当てはめてみると・・・

 

  • 沼の主カムイ・いいなずけチタライが「私のものになって」と美しい娘イルチヤロに想いを寄せる
  • それぞれが「私を思って」と願っていた。
  • 互いに恋に落ちた「幸福」
  • 部落の長と美しい娘イルチヤロといいなずけチタライとの「約束」
  • 殺された沼の主カムイと恋人を殺された美しい娘イルチヤロの仲を引き裂かれた「復讐」

 

四葉の葉を持つクローバーであるシロツメクサにまつわるアイヌ伝説の物語には、花言葉の由来が垣間見ることができますね。

 

3.願いが叶わない・裏切ることからの復讐

願いが叶わない・裏切ることからの復讐

 

四葉のクローバーには、幸福になりたいという願いが込められています。しかし、その願いが叶わないとしたら・・・

 

「私のものになって」「私を思って」そうすれば「幸福」になれる。

 

だけど、もし裏切ったら・・・「約束」を守れなかったら・・・「復讐」してやるからなコォラ〜(怒)

 

あなたの身近な人で、裏切ったりしたらヤバい人を想像してみて下さい・・・

 

なるほど!そりゃヤバイ!ひ〜!ってなりませんか?怖いですよね(笑)

 

でも、人って期待すればするほど、裏切られたときの悲しみや怒りって大きくなりますから、「復讐」という花言葉はしっくりきますね。

 

四葉のクローバーが幸運の象徴になったのはなぜ?

四葉のクローバーが幸運の象徴になったのはなぜ?

 

さて、四葉のクローバーの「復讐」という怖い花言葉について、ご紹介させて頂きましたが、四葉のクローバーというのは、基本的に幸運の象徴であるのです。

 

もちろん幸福の象徴になった由来もしっかり調べてきました!

 

希少性

四葉のクローバーの希少性

 

あなたは四葉のクローバーを探したことがありますか?私も小さい頃、公園で探しまくりましたが、目ん玉飛び出るくらいひん剥いてどんだけ探しても、そりゃあ、もう、見つからないったらありゃしない!

 

それだけ四葉のクローバーって少なくて、探しまくっても見つけにくいんです。もうホント見つからないんです(笑)

 

それもそのはず、自然界に存在する四葉のクローバーの発見確率は、0.01%〜0.001%・・・いちまんぶんのいち・・・じゅうまんぶんのいち・・・そんなん見つけられるかい!バーロー☆\( ̄ ̄*)バシッ

 

ってくらい希少性が高い!そりゃそんな確率で見つかった日にゃ、「超ラッキー!」「ツイてるね〜ノッてるね〜♪」U\(●~▽~●)Уイェーイ!ってなりますわな(笑)

 

でも、三つ葉のクローバーに対して、なぜそんなに四葉のクローバーは極めて少ないのでしょうか?

 

なぜ少ない?四葉のクローバーが発生する理由

 

四葉のクローバーが発生する要因としては2つ。外的要因と遺伝的要因です。

 

外的要因とは、踏んづけられたりして、成長点を傷つけられると、そこからもう一枚葉が生えてくるのだそうな。

 

遺伝的要因は、その名の通り遺伝によるものです。四葉のクローバーの種から四葉のクローバーが生まれるということですね。

 

どちらにしろ、普通に生えてくるものではなく、突然変異によるものだから希少性が高いのでしょうね。

 

18世紀頃のヨーロッパに伝わった花言葉

18世紀頃のヨーロッパに伝わった花言葉

 

18世紀頃のヨーロッパに、花言葉の風習がアラビア地方から伝わりました。

 

後述しますが、花言葉の風習が伝わってきたこともあり、草花の性質を人や物事に例えてみたりしていたようです。

 

クローバーの原産地は北半球の温帯と南アメリカです。とても丈夫で日当たりの良い場所を好むという特徴からも、ポジティブなイメージの花言葉がつけられたのでしょう。

 

また、クローバー(clover)という英名は、ローマ神話に出てくるヘラクレスが持っている「3つのコブをもつこん棒」に由来があります。

 

ラテン語でこん棒を意味するclavaが、clubに変わり、そしてcloverにかわったとされています。

 

ヘラクレスのこん棒って、すんっごい強そうじゃないですか?ヨーロッパでは、古くから「クローバーは守護の力がある植物」と言い伝えられています。

 

四葉のクローバーには守護の力がある

 

夏至の夜に摘んだクローバーには、悪魔よけ・薬草にできるお話があったりなど、元々「お守り」として大切にされてきたんです。

 

そんなお守りであるクローバーに、いろんな偶然が重なり生み出された希少価値のある四葉だからこそ、幸運の象徴となったのでしょう。

 

四葉のクローバーに関する、ナポレオンのラッキーエピソード

 

ナポレオンには、四葉のクローバーに関するラッキーエピソードがあります。

 

「世の辞書に不可能の文字はない」で有名なナポレオンですが、もう一つ逸話があります。

 

戦場を馬にまたがり駆け抜けていたナポレオンが、偶然四葉のクローバーを見つけました。

 

先述した通り、花言葉の習慣が伝わってきた当時のヨーロッパで、四葉のクローバーは、お守りと幸運の象徴とされていたわけです。

 

その四葉のクローバーが、命を落とすかもしれない戦場で見つかったわけです。

 

いまだ数々の伝説が語り継がれている偉大なナポレオンでも、命を懸けて戦っている戦場では、花言葉だろうが迷信だろうが、信じたくなる気持ちになったのでしょう。

 

ナポレオン

 

お守りと幸運の象徴である四葉のクローバーにあやかろうとしたのか?命を懸けた銃弾飛び交う戦場で、わざわざ四葉のクローバーを採ろうとしたのです。

 

そこへナポレオンめがけて銃弾が飛んできます。よそ見は危ないよ!ナポレオンさん!ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ

 

しかし、四葉のクローバーを採ろうと体をかがめて伏せた瞬間に、銃弾はナポレオンの体の上を通り過ぎ、命を救われたのだとか。

 

疑い深い私には、なんとも信じがたい、よくできたエピソード(笑)

 

もしかしたら、ナポレオンが四葉のクローバーの花言葉を利用して、偉大さをアピールしたかった作り話かも?

 

どちらにせよ、四葉のクローバーが、はるか古代ヨーロッパの時代から、幸運の象徴だったのは間違いなさそうですね。

 

アダムとイブの楽園は四葉のクローバーばかりだった

 

アダムとイブが住んでいた楽園は、どんな願いごとでも叶う、神様がエデンに作った楽しいことばかりの楽園でした。

 

その楽園のクローバーは、すべて四葉のクローバーだったといわれています。

 

アダムとイブが楽園を追放されるときに、イブが四葉のクローバーを持ち出したのだそうな。

 

アダムとイブと四葉のクローバー

 

これは楽園の思い出に・・・と、そっと渡してくれた神様からの贈り物だから、楽園の力を分け与えてもらえる。

 

だから願いが叶う、幸せが訪れると言われています。

 

また、もうひとつのエピソードは、イブがこっそりお守りとして持ち出したので、イブの幸運のお守りとも考えられています。

 

四つの葉にそれぞれ意味が込められている

 

四葉のクローバーには、葉っぱ1枚ずつに、それぞれ意味が込められています。アメリカと日本の2パターンをご紹介しておきます。

 

四葉のクローバー花言葉【アメリカ】
  • 名声
  • 満ち足りた愛
  • 素晴らしい健康

 

四つがすべてそろうと、そりゃ幸運間違いなしですよね!ちなみに、四枚の葉すべて集めて「真実の愛」という意味になります。

 

四枚の葉すべて集めて「真実の愛」

 

四葉のクローバー花言葉【日本】
  • 希望
  • 信仰
  • 愛情
  • 幸福

 

四葉のクローバーの迷信は、いつ誰がどこで言い出したのか?

四葉のクローバーの迷信は、いつ誰がどこで言い出したのか?

 

四葉のクローバーが幸福の象徴であるのは、間違いなさそうですが、いつ誰がどこで言い出したのか?というのは、絶対コレっ!っていう説は見つけられませんでした。

 

ですが、クローバーについての考え方は、とても古くから欧米全体に広がっています。

 

特に英語圏やキリスト教圏では、迷信として信じられていることやエピソードがたくさんあります。

 

イギリスやアイルランドでは、「四葉のクローバーは妖精のたぶらかしを見抜かせる」と言われていたり、古代ケルト人の僧侶たちは、「四葉のクローバーを一つでも見つけた者は、魔女や悪魔の姿を見通せ、避けられる」と信じていました。

 

四葉のクローバーは妖精のたぶらかしを見抜かせる

 

イギリスでの四葉のクローバーの花言葉は、「幸運」「私のものであれ」、フランスでは四葉に限らず、すべてのクローバーに「私は幸福を望んでいいかしら」「誘惑」という花言葉がつけられています。

 

また、一番古い記録では、1620年に書かれたイギリスの占星術の本だといわれていて、そのあとヨーロッパ全体に広がっていったという説もあります。

 

ただ、ここまでクローバーにまつわる迷信が、世界的に広がっていったきっかけには、花言葉の風習が関係しているのではないか?と個人的には推測しています。

 

花言葉ってなんなんだ?これで納得!四葉のクローバーにつけられた花言葉の背景

花言葉ってなんなんだ?これで納得!四葉のクローバーにつけられた花言葉の背景

 

四葉のクローバーに関わらず、花には花言葉がつけられています。

 

そして四葉のクローバーのように、同じ花なのに、いくつもの花言葉がついていたり、全く違う意味が込められていたり。いったいどうしてなのでしょう?

 

花言葉の起源を調べてみると、アラビア地方のセラムという風習が起源といわれています。

 

アラビア地方には、贈り物として花に気持ちを託して伝えて、受け取った相手も花に気持ちを託して、返事を贈り返すという風習がありました。

 

花束の花それぞれに、一つ一つに意味を持たせ、それを組み合わせることで「花の手紙」としていたのです。

 

花の手紙

 

このセラムという風習をヨーロッパへ最初に伝えたのが、スウェーデン王カール12世の部下ラ・モトライエといわれています。

 

花言葉をヨーロッパに普及させた2人の功績者とは?

 

ラ・モトライエは、ポルタヴァの戦いで、ロシアのピョートル大帝に敗れた際、カール12世と共にトルコへ5年間亡命しました。

 

アラビア地方に隣接するトルコでも、セラムの風習がありましたから、ラ・モトライエは、そこで花言葉の風習を学んだのです。

 

そして、1714年の帰国以来、ヨーロッパにセラムの風習を伝えたとされています。

 

また、1716年には、メアリー・ウォートリー・モンタギューというイギリスの女流作家が、イギリスの駐トルコ大使夫人としてトルコに渡り、イギリスの友人たちに、トルコの花言葉の風習を手紙で伝えていました。

 

トルコの花言葉の風習を手紙で伝えていた

 

ヨーロッパへ伝わった記録としては、モンタギューのものが、最初の記録といわれています。

 

1887年にイギリスで出版された書籍「the language of flowers」には、花言葉を普及させた功績者として、二人とも紹介されています。

 

フランスで大流行した花言葉

 

花言葉は19世紀になると、フランスで大流行します。きっかけになったのは、1818年に出版された「Le Langage des fleurs」という書籍です。

 

「Le Langage des fleurs」の意味は、ズバリ「花の言葉」そのまんまです(笑)

 

著者はシャルロット・ド・ラトゥールというフランス人の女性です。この書籍は、アメリカやスペイン、アフリカにまで伝えられたそうです。

 

もともとフランスの上流階級の人々の間では、好意や悪口、批判などを花や植物の性質に例えて、詩にする文化が流行していました。

 

フランスの上流階級の人々の流行り

 

そして仲間内で、花言葉で綴ったエッセイをノートで回覧して楽しんでいたんです。

 

好意を花で伝えるなんて、とても素敵ですね!そして他人の不幸は蜜の味・・・他人の悪口も蜜の味・・・(●´艸`)ィヒヒ

 

こうしてヨーロッパで広まった花言葉が、日本にも伝えられたのです。

 

日本に花言葉が輸入されたのは19世紀末の明治時代

 

ヨーロッパから日本に花言葉が輸入されたのは、明治時代初期です。当時はヨーロッパの花言葉が、そのまま使われていましたが、日本人の風習や歴史に合わせて、日本独自の花言葉に変化していきました。

 

日本で最初に花言葉を紹介した書籍は「泰西礼法」という1886年に出版された本です。

 

西洋のマナーが紹介されている本で、その中に花言葉のことも紹介されています。

 

花言葉が紹介されている日本の書籍

 

また、与謝野晶子が著者で、文芸雑誌「スバル」の編集者、江南文三が花言葉を解説している書籍「花」という、1910年に出版された本が、花言葉だけを扱った日本初の書籍です。

 

こうして日本など、さまざまな国や地域で広がっていった花言葉は、花の特性にあった言葉が追加されたり、その地域独自の文化や歴史を背景に、どんどん変化していったのですね。

 

クローバーの日本名「シロツメクサ」の由来

クローバーの日本名「シロツメクサ」の由来

 

クローバーは、日本ではシロツメクサと呼ばれています。「そういえばなんとなく白い爪に見えるな〜だからシロツメクサなのか!」と私と同じことを考えたあなた。違うんですよ?(笑)

 

シロツメクサの日本語名の由来は、江戸時代、オランダから運ばれてきたガラス器の中に、クッション材の代わりに枯れたシロツメクサが使われていたそうな。

 

シロツメクサ

 

見ればわかりますが、シロツメクサの花の部分は白ですよね。だから「白い花の詰め草」→「シロツメクサ」と呼ばれるようになったそうです。

 

別名「オランダゲンゲ」「オランダウマゴヤシ」とも呼ばれています。英名ではホワイトクローバーという名前です。

 

四葉のクローバーの見つけ方とは?知らなきゃ損する見つけ方のコツ

四葉のクローバーの見つけ方とは?知らなきゃ損する見つけ方のコツ

 

四葉のクローバーってどうやって見つけるのでしょうか?自然界に存在する四葉のクローバーの発見確率は、0.01%〜0.001%ですから、見つけることは超難しいです。

 

ただ見つかる確率を上げる方法がないわけではありません。

四葉のクローバーが見つかりやすい時期

四葉のクローバーを見つける確率を上げるためには、やはりたくさん生えている時期に探す!さらに葉が成長して、ある程度大きくなる時期が良いのです。

 

四葉のクローバーが発生する原因は、外的要因が多いんです。クローバーが若葉である時期に成長点を傷つけられると、傷を受けた部分が分裂して、そこからもう一枚別の葉が生えてくるんです。

 

四葉のクローバーを見つけやすい時期は6〜7月

 

ですから、若葉の頃に傷を受けたあと、葉が大きくなる時期は6月〜7月ぐらい。夏の始まりぐらいが、四葉のクローバーを見つけられる可能性が高いのです。

 

四葉のクローバーが生えやすい場所

 

四葉のクローバーの発生する要因は、若葉の頃の外傷が原因であることが多いです。ですから、傷つきやすそうな場所に生えているクローバーを探せばよいのです。

 

例えば、人通りの多い公園の広場や河川敷などに、四葉のクローバーが生えていたらチャンス!踏んづけられたりして、傷をつけられそうなクローバーの数が多い場所です。

 

四葉のクローバーが傷つきやすそうな場所を探してみましょう!形の悪い三つ葉のクローバーがあれば、傷ついたりして形が悪いのかもしれません。

 

四葉のクローバーを見つけやすい場所

 

キレイで大きく均等に葉が生えている三つ葉のクローバーより、葉が不均等に生えている三つ葉のクローバーのほうが、四枚目の葉が生えやすい形になっているものです。

 

また、四葉のクローバーが見つかった場所は、四葉のクローバーが発生しやすい場所ですので、1.2個見つかれば、他にも四葉が生えている可能性があります。

 

「復讐」だって幸せ!?;四葉のクローバーまとめ

「復讐」だって幸せ!?;四葉のクローバーまとめ

 

今回は四葉のクローバーのジンクスを調べてみましたが、いかがでしたか?「復讐」という言葉だけを聞くと、なんだか怖いですけど、人や物事には裏表があり、表裏一体という言葉もあります。

 

人や物事には、いろいろな側面があり、そこに行きつくまでの背景があります。なぜそうなったのか?経緯を知ることができれば、深みがあるなぁ〜って思います。

 

そして「復讐」にもネガティブな「復讐」とポジティブな「復讐」があると思うのです。スペインのことわざに「幸せに暮らすことが最大の復讐である」というのがあります。

 

こんな感じで前向きに考えることができれば、四葉のクローバーの「復讐」という花言葉も、幸福につながるのではないでしょうか?